西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Coquillettes à..
at 2017-06-20 19:53
Crème caramel ..
at 2017-06-13 14:11
Tourte au céle..
at 2017-06-06 13:54
Rôti de porc a..
at 2017-05-29 11:49
Soupe aux deux..
at 2017-05-26 14:53
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

Tourain du Périgord

2学期が始まりました。
毎日、誰かしら家にいた日々から日常に戻り、
全員を送り出した後の静けさがまだ非日常。

◇ペリゴール風ガーリックスープ(4人分)
水 1ℓ
玉ねぎ 2個
にんにく 3片
小麦粉 大さじ1
ガチョウ油 大さじ1
トマト 500g
ワインビネガー 100ml
卵 1個
パンドカンパーニュ 4枚
塩、こしょう

①ガチョウ油で玉ねぎを色づくまで炒め、つぶしたにんにくを加える。
小麦粉をふり入れて、黄金色に炒める。
②熱湯を加える。湯むきして種をとったトマトを加え、塩、こしょうし、40分煮る。
③溶き卵とワインビネガーを加え、塩、こしょうで味を調える。
④温めたスープ椀にスライスしたパンを置き、スープを注ぐ。
数分間、パンをひたしてからすぐにいただく。

b0273836_16335863.jpg


フォアグラがポピュラーなお国柄ゆえ、ガチョウ油(訳が怪しいが)というのもあるのだろう。
ここではオリーブ油で。卵とトマトと酢でさっぱり味ながら、
パンをひたすとどっしりと食べ応えある田舎風のスープである。
かつてドルドーニュ地方の農民はこれで夕食を済ませたのかもしれない。
[PR]
by mamemamecafe | 2015-09-02 16:44 | レシピ