西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce/Décembre
at 2017-11-29 16:07
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

Queues de langoustes dans leur crème

シルバーウィーク、まさにいぶし銀のような休日でした。

♢イセエビのクリーム仕立て(2人分)
イセエビ 8〜10尾
サヤエンドウ 100g
生クリーム 大さじ3
レモン皮 半個分
シブレット 2本
塩、パプリカ
①サヤエンドウのヘタを取り、塩を入れた熱湯で6分間ゆでる。水気をよく切り、温めておく。
②イセエビの頭部を切り離し、胸部と頭部にあるクリーム状の部分を取り出し、生クリーム、パプリカ、塩少々と混ぜる。厚底鍋で3分間温め、なめらかなクリームにするために濾して温めておく。
③鍋に湯をわかし、塩を入れ、イセエビの胴部分を入れて1分間ゆでる。すぐに引き上げ、殻を取る。
④お皿に①、③を盛り付け、イセエビ風味のクリームをかける。
⑤レモン皮のせん切りとシブレットを散らす。この風味高い一皿をすぐに召し上がれ。
(出典:フランス版365日のおかず百科)
b0273836_114610100.jpg

イセエビ8〜10尾とはまた豪勢な。一般庶民には普通サイズのエビを用意するのが精一杯。
しかも、お頭なしなので、ただのクリームになってしまう。
そこで、アンチョビソースを少々と塩レモンを刻んで加えてみたところ悪くない。
ソースというよりディップに近いですが、まあまあのお味でした。
今回は省きましたが、サヤエンドウを6分もゆでたら歯ごたえも何もなくなりそうですが、あちらでは青菜などもクタクタにゆでるからいいのでしょうか。
[PR]
by mamemamecafe | 2015-09-23 11:56 | レシピ