西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce/Décembre
at 2017-11-29 16:07
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

3 janvier Tagliatelle à la piémontaise

ピエモント風タリアテッレ(2人分)
白トリュフ2個(1個10g)または白と黒トリュフ各1個
タリアテッレ 125g
セージ 6枚
バター 50g
オリーブオイル 小さじ1
塩、こしょう
*白トリュフは黒トリュフとは違う風味があり、ニンニクの後味があるものもある。
ペリゴールの黒トリュフより下に格付けされているが、産地であるイタリア、ピエモント州では白トリュフを高く評価し、伝統的にパスタ料理にスライスして食す。
①白トリュフを薄切りにし、箱の中に置いて乾燥しないようにする。
②タリアテッレを塩とオリーブオイルを加えた湯で10分間ゆでる。
③セージをザルに入れて茹でている鍋の上に置き、柔らかくする。
蒸気で柔らかくなったら、みじん切りにしてバター、塩、こしょう、トリュフの汁と混ぜる。
④アルデンテに茹でたらセージバターを混ぜて、トリュフを散らす。
b0273836_07444867.jpg
生のトリュフは手に入らないと思っていたところ、瓶詰めが半額で売られていました。半額でも2個入って500円以上しました。ところがこの瓶詰めトリュフ、何の香りもしない残念な代物でした。生のセージもなかったので、省略。このレシピはトリュフとセージの香り高い一品であるはずですが、香りだけは想像が及びません。いつかトリュフをふんだんに使ったパスタを食べてみたいものです。

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
♪カフェ 12:00~15:00
ランチは当日9時までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

[PR]
by mamemamecafe | 2015-11-08 07:54 | レシピ