西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce/Décembre
at 2017-11-29 16:07
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
タグ
画像一覧

カテゴリ:ブログ( 133 )

雨ニマケ

風ニモマケテ
寒イノモ暑イノモ苦手
欲バリデ
ツマラナイコトニ腹ヲ立テ
イツモボーットシテイル
一日ニ玄米四合ハサスガニ食ベラレナイ
ジブンノコトバカリ考エ オボエハ悪ク
物忘レモヒドイ
東京ノ外レノ狭小住宅ニイテ
自分ノコトデセイイッパイ
ケンクヮヤソショウニハナルベクカカワリタクナイ
ミンナニホメラレタイ
クニサレタイ
サウイフモノネワタシッテ

息子の音読の宿題を聞きながら、宮沢賢治の言う
そういうものに私もなりたい、と思いました。
[PR]
by mamemamecafe | 2012-07-02 10:07 | ブログ

このブログ

半年前ほどから張り切って書いていたブログ、
急失速して、もうひと月も放っておかれている。
書くのは皆がまだ寝ている早朝、貴重な一人の時間だ。
さて、と思う間もなく、娘が目を覚まして泣く。
ちっ、と思いながら渋々娘のベッドに向かう。
だけど、娘の身になってみれば、目を覚まして
迷惑顔の母がいたら、朝から嫌だろう。
こんな駄文を書くにも、それなりにエネルギーと時間が必要。
それで今のところ、このブログがリストラされてしまっている。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-05-03 01:05 | ブログ

フジコ ヘミング

フジコヘミングのリサイタルに行って来た。
まさに魂を揺さぶられるピアノだった。
そんなつもりはなかったのに、母を思い出し涙が出た。
人の人生やこの世界を思い、忘れていた過去を思い出し、
今自分の手にあるもの、大事にすべきものに気づく。
音楽は生で聞くと素晴らしい。
それにしても、後ろで鼻をかみまくっていた
はた迷惑な輩の顔を見てみたかった。

娘は急に魔の2歳児に成長を遂げ、
出かける時など手こずることこの上ない。
息子は3年生に進級した。
ますます文系に磨きがかかっている。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-11 14:04 | ブログ

Jardin d'acclimatation

小学校のお友達と遊園地と動物園要素が入った公園に行って来た。
車がビュンビュン走る道を少し入るとそこは公園。
ちんちん電車で入口まで運んでくれる。導入としてこれはよかった。

そしてここの遊園地がいかにもフランス的だった。
スタッフはニコリともせずに大儀そうに仕事をしている。
しかも乗り物は半分くらいしか動いておらず、よく見ると
スタッフ一人で3つぐらいの乗り物を担当している。
一つが動いている間は他二つに乗りたくても待たなければならない。
縁日のようなゲームもあり、クリアするとポイントカードがもらえて
景品と交換できるのだが、それもかなり適当。
息子はこの景品目当てでゲーム中心、乗り物は2つ乗っただけ。
友達の妹と気が合い、二人で乗り物に乗ったり、ゲームに興じる様子は
まるでデートをしているようで微笑ましかった。
公園内を孔雀が散歩していたり、牧歌的ないい公園だ。
遊園地もこれぐらいでちょうどいいんじゃないかな。
フル装備でなかったおかげでのんびりと楽しめたし。

その夜、久しぶりに太陽にあたって体を動かしたせいか、
息子は足が痛くて眠れないと大騒ぎだった。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-07 14:04 | ブログ

パリ・ロワール観光

夫の母が来仏し、私も旅をしているような日々だった。

3月27日 パリ着、エッフェル塔
28日 凱旋門に登る、シャンゼリゼ通りを歩く、オランジュリー美術館
29日 オペラ座見学
30日 ノートルダム寺院、ルーブル美術館
31日 TGVでロワール地方トゥールへ移動、午後アンボワーズ城
4月1日 シュノンソー城
2日 トゥール市内観光、パリへ戻る
3日 帰国

気が利かない嫁のアテンドで楽しんでもらえたかどうか。
おばあちゃんっ子の息子と絶好のコンビで、
はたから見てうらやましいほどの慕いっぷりだった。
今回母が来てくれたおかげで自分もパリ観光ができた。
そしてロワールの美しさには不公平を感じるほどだった。
草木の生え方、川の流れ方、なぜにこんなに美しい。
フランスは田舎であっても洒落ている。
美意識の違いはこういうところからだとつくづく思った。
旅行のよさは、日常をリセットできるところだ。
新鮮な気持ちでまた日々の生活に戻ろうではないか。
息子はおばあちゃんが帰ってしまってしょんぼりしている。

第一日曜は美術館無料ということで、ケ・ブランリーに行って来た。
アジアやアフリカのものが展示されていて、他の美術館とは違った面白さだ。
作りすぎていない大らかさと癒しと強さが混在した空間だった。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-03 13:04 | ブログ

過労

朝から調子が悪いと思っていたら熱が出て来た。
こんな時に限って、夫は朝から出かけている。
午後も息子を連れてラグビーの試合を見に行ってしまった。
元気一杯の娘と取り残された私。
悪寒と節々の痛みで横になりたいが、娘が許してくれない。
水が飲みたい、水をこぼした、着替える、おっぱい飲みたい、ウンチが出た、
娘の普段なら何でもない要求が、いちいちしんどい。
こんなに時間が経つのが遅く感じられたのは、
フランスに来る飛行機の中以来だった。
こんな時に出かけるなんてひどいじゃないか、
でも自分もそうしたかもしれない。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-03-26 14:03 | ブログ

ブテイユ

娘はお腹の風邪で不機嫌。
神経質な主人に仕えているような気分だ。
娘の質問に期待された正しい答えをしないと、
ヒステリックに喚かれて大変なことになる。
息子も絶妙に娘の神経を逆なでして逆鱗に触れている。

アパートのゴミ置き場に空き瓶を持って行ったところが、
一つ袋から落ちて割れ、散乱してしまった。
管理人に言わなければならないが、とっさにフランス語が出て来ない。
「ブテイユ、ブテイユ」と繰り返し、ゴミ置き場を指差し、
意味不明なジェスチャーにも関わらず、管理人さんは理解してくれた。
情けなや、フランス語学習の成果なし。

我が家の画伯は今日は画用紙が必要と仰るので、
文房具屋で一枚、買って来た。
すばらしいお小遣いの使い道だ。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-03-23 16:03 | ブログ

春休み

友人のお子さんが通う幼稚園で、
被災地の方への募金を集めるためのバザーがある。
部外者なので買うことはできないが出品はできると聞き、
クッキーを焼いて届けることにした。
こんな時に限ってあんまりうまく焼けなかった。

息子は今、絵にはまっているので色鉛筆が買いたいと言う。
春休みに入って暇にしている画伯につきそって買いに行く。
24色入りのが欲しいと言うが、必要な色をバラで買う方向へ説得する。
自分のお小遣いで買うので慎重に考えて、欲しい色を選ぶ。
なぜかお店の人が1ユーロおまけしてくれて、満足な息子。

娘は「ごめんね」という言葉を覚えて、
ちょっと叱ったりするとすぐに、「ごめんね」と言う。
謝ればいいってもんで、娘に言われると何でも許してしまう。

夕方行った公園は、ベビーシッターに連れられた小さな子供たちで一杯。
何かイベントがあるのかと思ったほどの人だかり。
砂場は芋洗い状態で、娘は公園の外れで一人、土いじりが楽しいらしい。

b0273836_1541352.jpg
息子は鳩に夢中。えさを持って明日も行くんだって張り切っている。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-03-21 14:03 | ブログ

終業式

小学校の終業式で午前中に学校は終わり、
午後はお友達と遊んでくることになった。
息子はいつもながらお友達のお母さんたちに何から何までお世話になる。
このご恩は忘れません。

フランスにおける日本人パティシエの草分け的存在の方のお店を訪ねる。
お店はフランス人で一杯で、その中でパティシエというより
大衆食堂のおじさん的雰囲気のシェフが、常連のマダムたちと談笑している。
こんな風に受け入れられている日本人を間近にし、
よかったねぇ、と若輩者ながら目を細めてしまう。

日本のニュースで被災地の方々の様子を見ていて涙が出る。
しかし、隣に座って一緒に見ている息子が
次々ととんちんかんなコメントをするので、
涙を引っ込めて訂正したりツッコミを入れざるを得ない。
彼なりに感じ取り、考えているのだ。
息子の突拍子もないと思える提案が可能になるぐらい、
この世の中がシンプルであればいいのに、と思う。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-03-18 16:03 | ブログ

赤ちゃんランチ

友人をお昼に招く。
軽いランチを用意する。キッシュ、人参サラダ、ジャガイモスープ、ベーグル。
バナナクランブルも作ったが、いただいたお土産と比べて
あまりに貧相なので出すのはやめておく。
娘と友人の9ヶ月の赤ちゃんが並んで座り、まるで保育所のようだ。
赤ちゃんを私が抱っこしようとすると、
娘が気配を察知してさっと膝に乗って阻止する。
娘の気持ちの動きが、私には新鮮で愛おしかった。

1年間のお弁当作りが終了。
何とかやったけれど、たぶん習慣にはならないだろう。

b0273836_15413460.jpg

アパートの中庭にあるモクレンの木。
日一日とつぼみがふくらんでいく。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-03-17 21:03 | ブログ