西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce/Décembre
at 2017-11-29 16:07
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ガーデニングの季節

恵みの雨を受けて生い茂る植物たち。
この季節になると庭の様子が気になり始めます。
このところ放っておかれた庭は愛情不足で荒んでいます。
先日、再放送していたターシャの庭の番組に影響されて
ひとまず庭に出てみるものの、何から手をつけたらいいのか、
しばし呆然と立ち尽くしてしまう。
そして、この狭い庭にハーブなどの生い茂る植物を植えるのは
ただボウボウとして好みにしっくりこないと気がつきました。
和風のすっきりした庭を目指そうか、この際ウッドデッキにでもしようか。
ウッドデッキにすると、お隣の家や道路が近すぎてやや恥ずかしい。
ベンチや椅子を置いたりするのもいじましい。
目隠しのために柵や木で囲ってしまったら狭さが余計に強調されるだろうか。
などなど、なかなか構想が定まらないまま、
今日も庭に出ては手のつけようもなくじっと佇むのでありました。
[PR]
by mamemamecafe | 2009-06-30 14:06 | まめ日記

登山部

インドア派を誇ってきた我が家が、俄にアウトドア派に転じようとしています。
夫が急に山登りに目覚めて、せっせとグッズを買い揃え、
息子を巻き込んで、先日一泊登山を実行してきました。
今度はテントを買って泊まりたいらしく、登山熱はしばらく続きそうな気配。
私は長野の山育ちにも関わらず、中高生の頃に2度登ったきり。
自炊してテントに泊まるより、温泉旅館でゆっくりしたいわあ。
登山部の活動中、娘と静かに家で過ごすのも悪くなかったし。
夫の趣味が息子の脚を鍛え、親子の絆を深め、
私も娘と気ままに過ごせ、家庭円満ではないですか。
ぜひテントの元を取るぐらいには登山部の活動を続けてほしいものです。
[PR]
by mamemamecafe | 2009-06-22 10:06 | まめ日記

習い事

女の子が産まれたからでしょうか、
急に製作意欲がわいてきて、洋裁をやってみたくなりました。
一度基礎から洋裁を習ってみたいです。
習い事好きなので、カルチャーセンターのチラシは目を通さずにいられません。
ヨガ、フラ、織物なんかやってみたいなあ。
経済的、時間的に余裕が出来たら日舞も再開したいし。
英会話も何とかしたい。
英文科を卒業したのに、英語を聞き取れないし話せない
ということが長年のコンプレックスとなっているのです。
もう仕事で使うわけでもないし、いいじゃないかと思うのですが、
プライドというかしつこい性格というか。
[PR]
by mamemamecafe | 2009-06-15 12:06 | まめ日記

テルミー

産後、助産院でやってもらったテルミー温熱療法で
とても体が楽になったのに感動しました。
調べてみると自分でも簡単に出来るらしいのです。
早速、器具一式を購入して教えてもらいました。
子どもにもいいと聞いて、息子にかけてみました。
くすぐったがって暴れるので半分もまともに出来ないのですが、
それでも本人は気持ちがいいらしく、毎晩のようにせがまれます。
毎晩遅くまで仕事でお疲れの夫にもかけてみると
それなりに癒されている様子。よかった、よかった。
しかし、家族を癒すのに忙しく、自分は疲れたまま。
あっ、テルミーは自分にはかけられないんだった。
出来ないことはないけれど、人にやってもらうからいいのだ、
という大事なことに今更気づいたのでした。
[PR]
by mamemamecafe | 2009-06-08 14:06 | まめ日記

続・小学生男子

日々、子どもと過ごしているので、子どものことを考える時間が多くなります。
息子を見ていて、自分の小学校時代に思いを馳せてみると、
余程引っ込み思案で内弁慶な自分が蘇ってきました。
先生は怖かったし、友達と遊ぶよりも一人で家で遊ぶ方が好きで、
学校なんかちっとも楽しい場所ではありませんでした。
男の子が特に苦手で、いとことすら一緒に遊べませんでした。
放課後や休みの日は何をしていたんだろう。
参観日に見た息子の姿で一番生き生きしていたのは休み時間でした。
いとこの家に何度か一人で泊まってくるような不思議なところで度胸のある息子。
手は離れてきたけれど、気はますますかかります。
[PR]
by mamemamecafe | 2009-06-02 10:06 | まめ日記