西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Coquillettes à..
at 2017-06-20 19:53
Crème caramel ..
at 2017-06-13 14:11
Tourte au céle..
at 2017-06-06 13:54
Rôti de porc a..
at 2017-05-29 11:49
Soupe aux deux..
at 2017-05-26 14:53
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベリブ

パリの貸し自転車なのですが、とても便利です。
今日初めて使ってみましたが、その便利さに感動しました。
日本では子供を乗せてママチャリをこぐ姿は普通ですが、
こちらではほとんど見かけません。
自転車は車道を走らなければならないので、(日本も基本そうだけど)
危険っていうのがあるのかな。
結構大きい子でもベビーカーに乗せられています。
娘の託児所まで片道30分(!)歩いていたのですが、
最近の暑さにさすがにバテ気味でした。
娘を預けた帰り、久しぶりに乗った自転車の爽快なこと!
セーヌ川にかかる橋を渡りながら、フランスで生活している不思議さ、
そして今、かけがえのない時間を過ごしているのだ、としみじみと思いました。
後になって今日のことを懐かしく思い出すのではないかという気がしました。
[PR]
by mamemamecafe | 2010-06-30 19:06 | ブログ

運動会

先日、日本人学校の運動会がありました。
時々日は差すものの、曇天の寒い日で初めは気分が盛り上がらず。
しかし始まってみると案外楽しい。小中合わせても150人ぐらいでしょうか。
ミニチュアの運動会を見るようでした。
ここで3〜5年間を過ごす子供たちに思いを馳せる。
日本の情報にも疎くなり、言葉の壁でフランスにも疎い。
過疎地よりもある意味閉鎖された空間。
もちろんいい面も多分にあると思いますが、
日本に帰ったら苦労する子供たちも多いかもしれません。

さて、我が子は中学生などを見た後ではとてもかわいく見える。
家ではいっちょまえのこと言っても、まだまだかわいいもんだ。
運動会が終わってしまってさびしいと言う。
そういう気持ちがわかるようになったのも成長の一つ。
[PR]
by mamemamecafe | 2010-06-23 18:06 | ブログ

杞憂

6月に入って2週間ほど、どうも気分の優れない日が続いていました。
どんな時でも食欲だけはあるのに、食欲は減退し、吐き気もある。
これって、つわりの時の症状にそっくり。も、も、もしや・・・。
晴天の霹靂、予想だにしなかったフランス国籍の赤ん坊!
しかし、まだちびの娘はいる、産後の手伝いもない、
3人の子を連れての帰国、どう考えてもキャパを超えている。
無理無理、どうしよう、でも産むしかない、無痛分娩って興味ある etc etc・・・。
と思っていたら今週に入ってけろっと症状が消えてなくなりました。
娘のお腹の風邪がうつったのか、食事が肉とパン食に変わって
消化不良を起こしていたのか、原因はわかりませんが、何でもなかったみたいです。
9割9分の安心と1分のがっかり。
[PR]
by mamemamecafe | 2010-06-17 19:06 | ブログ

パリの日本人

まだこの国に慣れない私は、一歩外に出ると日本人であることを強く意識します。
自意識過剰なのでしょう。
それにしても、フランス人、特に女性が素晴らしく美しくておしゃれです。
普通に街を歩いているだけで、モデルのような人がびゅんびゅん通り過ぎます。
それは老若問わず、日本ではおばさんと呼ばれる年代の女性が、
おしゃれして堂々としていて、まさに大人の女性の貫禄を感じます。
歳をとっても輝いていられるかは自分次第なのだと励まされます。
子連れでないとマドモワゼルと呼ばれてしまう私、
全く喜べません。これじゃ、いかんと思います。
かと言って、フランス人の真似をしてみたところで、
自分には似合わないことはわかっています。
アフリカの女性などは、民族衣装をまとってこちらも迫力があります。
日本人の私が、自分らしくあるためには、そんなことをつらつらと考えています。
[PR]
by mamemamecafe | 2010-06-06 14:06 | ブログ