西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Croûte à l'oeuf
at 2017-06-27 14:54
Coquillettes à..
at 2017-06-20 19:53
Crème caramel ..
at 2017-06-13 14:11
Tourte au céle..
at 2017-06-06 13:54
Rôti de porc a..
at 2017-05-29 11:49
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フジコ ヘミング

フジコヘミングのリサイタルに行って来た。
まさに魂を揺さぶられるピアノだった。
そんなつもりはなかったのに、母を思い出し涙が出た。
人の人生やこの世界を思い、忘れていた過去を思い出し、
今自分の手にあるもの、大事にすべきものに気づく。
音楽は生で聞くと素晴らしい。
それにしても、後ろで鼻をかみまくっていた
はた迷惑な輩の顔を見てみたかった。

娘は急に魔の2歳児に成長を遂げ、
出かける時など手こずることこの上ない。
息子は3年生に進級した。
ますます文系に磨きがかかっている。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-11 14:04 | ブログ

Jardin d'acclimatation

小学校のお友達と遊園地と動物園要素が入った公園に行って来た。
車がビュンビュン走る道を少し入るとそこは公園。
ちんちん電車で入口まで運んでくれる。導入としてこれはよかった。

そしてここの遊園地がいかにもフランス的だった。
スタッフはニコリともせずに大儀そうに仕事をしている。
しかも乗り物は半分くらいしか動いておらず、よく見ると
スタッフ一人で3つぐらいの乗り物を担当している。
一つが動いている間は他二つに乗りたくても待たなければならない。
縁日のようなゲームもあり、クリアするとポイントカードがもらえて
景品と交換できるのだが、それもかなり適当。
息子はこの景品目当てでゲーム中心、乗り物は2つ乗っただけ。
友達の妹と気が合い、二人で乗り物に乗ったり、ゲームに興じる様子は
まるでデートをしているようで微笑ましかった。
公園内を孔雀が散歩していたり、牧歌的ないい公園だ。
遊園地もこれぐらいでちょうどいいんじゃないかな。
フル装備でなかったおかげでのんびりと楽しめたし。

その夜、久しぶりに太陽にあたって体を動かしたせいか、
息子は足が痛くて眠れないと大騒ぎだった。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-07 14:04 | ブログ

パリ・ロワール観光

夫の母が来仏し、私も旅をしているような日々だった。

3月27日 パリ着、エッフェル塔
28日 凱旋門に登る、シャンゼリゼ通りを歩く、オランジュリー美術館
29日 オペラ座見学
30日 ノートルダム寺院、ルーブル美術館
31日 TGVでロワール地方トゥールへ移動、午後アンボワーズ城
4月1日 シュノンソー城
2日 トゥール市内観光、パリへ戻る
3日 帰国

気が利かない嫁のアテンドで楽しんでもらえたかどうか。
おばあちゃんっ子の息子と絶好のコンビで、
はたから見てうらやましいほどの慕いっぷりだった。
今回母が来てくれたおかげで自分もパリ観光ができた。
そしてロワールの美しさには不公平を感じるほどだった。
草木の生え方、川の流れ方、なぜにこんなに美しい。
フランスは田舎であっても洒落ている。
美意識の違いはこういうところからだとつくづく思った。
旅行のよさは、日常をリセットできるところだ。
新鮮な気持ちでまた日々の生活に戻ろうではないか。
息子はおばあちゃんが帰ってしまってしょんぼりしている。

第一日曜は美術館無料ということで、ケ・ブランリーに行って来た。
アジアやアフリカのものが展示されていて、他の美術館とは違った面白さだ。
作りすぎていない大らかさと癒しと強さが混在した空間だった。
[PR]
by mamemamecafe | 2011-04-03 13:04 | ブログ