西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
Croquettes d'o..
at 2017-07-23 05:52
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Carmars à la provençale

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️

イカのプロヴァンス風(6人分)
ヤリイカ 2キロ
フェンネルシード 小さじ1
オリーブ油 大さじ3
サフラン 2つまみ
塩、カイエンヌペッパー
トマト(大) 2個
にんにく 3片
エシャロット 1本
パセリ 1本
エストラゴン 6枚
①イカの下ごしらえをする。ヤリイカがなければタコや他のイカでもよい。
②両手鍋にオリーブ油を温め、輪切りにしたイカをフェンネルシードとともに焼き色をつける。全体にこんがり焼けるよう動かしながら弱火で10分焼く。
③サフラン、塩、カイエンヌペッパーをふりかける。
④皮と種をとって大きめに刻んだトマトを加え、蓋をしないで中火で5分火を通す。
⑤出来上がりに、みじん切りにしたにんにく、エシャロット、パセリ、エストラゴンを加え、混ぜていただく。
b0273836_14204249.jpg
慣れないイカの下ごしらえをした時点でやり遂げた感があり、あとは炒めていくだけのイカにも大らかな南仏風の一品です。生のニンニクは刺激が強いので、レシピにはない玉ねぎとともに炒めました。しかし、イカんせんイカだけなので、おかずがこれだけだと食卓が行き詰まります。この日の副菜が子どもには不評だったので、子どもにとってはイカだけ、イカはもういいという結果となりました。

『365 JOURS DE CUISINE』〜7 janvier〜 誤訳の恐れあり〼

♪カフェ 12:00~15:00
ランチは当日9時までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

[PR]
by mamemamecafe | 2016-01-25 14:40 | レシピ

Risotto aux volvaires

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️

フクロタケのリゾット(6人分)
フクロタケ 1.5缶
ブラウンライス 350g
玉ねぎ 1個 みじん切り
にんにく 2片 みじん切り
赤ピーマン 1個 薄切り
コーン 大さじ2
マルサラ酒かポルト酒 カップ1
ビーフブイヨン 1/2ℓ
バター 70g
パルメザンチーズ 100g
塩、こしょう
*フクロタケはありふれたキノコで、経験豊富なキノコ研究家はこのおいしいキノコを採集しない。食用のテングダケの仲間である。高級食材店の外国製品売り場に、中国人が栽培した品質のよいものを缶詰にしたものが売られている。
①キノコを半分に割る。そうすると、繁殖器官であるカサ裏のヒダを守るために自然が作った見事な構造がわかるだろう。
②バター50gを両手鍋に溶かし、中火で玉ねぎ、にんにく、赤ピーマン、コーンを炒める。
③お米を加えて塩、コショウし、お酒を加える。蒸発したらキノコを缶汁ごと加える。ブイヨンを1カップずつ蒸発させながら加える。
④20分したら、残りのバターとチーズを加えて味を調え、すぐにいただく。
b0273836_14335825.jpg
フクロタケとは、あのトムヤンクンに入っているキノコですね。生物学的な考察まで書かれていて、ぜひともフクロタケでリゾットを作りたいところですが、マッシュルームにしました。お米も白米です。赤ピーマンがなかったので、ブロッコリーで作りました。クタクタのブロッコリーもまた乙なものです。バターとチーズはかなり控えめにしましたが、イタリアンの懐の深さのおかげで多少のことはカバーしてくれます。息子が気に入ってくれました。
『365 JOURS DE CUISINE』7 janvierー誤訳の恐れあり〼

♪カフェ 12:00~15:00
ランチは当日9時までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

[PR]
by mamemamecafe | 2016-01-14 14:48 | レシピ

Pigeons périgourdine

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
今週はお休みです。12日から営業します。
12日はヨガ、13日はわらべうたがあります。
今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️

鳩のペリゴール風(4人分)
鳩 4羽
フォアグラ 100g
トリュフ 1個
バイヨンヌハム 150g
コニャック 大さじ2
ガチョウ脂 大さじ2
マデラ酒 1杯
塩、こしょう
トーストしたパン 4切れ
①鳩の肝臓、フォアグラ、トリュフ、ハムを刻んで練って詰め物にする。塩、こしょうし、コニャックをかける。鳩に詰める。
②脂で焼き色をつけ、塩、こしょうする。蓋をして中火で20分間火を通す。
③マデラ酒で煮汁をのばす。
④トーストパンに鳩をのせ、マデラソースをかける。
b0273836_15182338.jpg
はとポッポは当然ありませんので、チキンで作ってみました。コニャック&マデラ酒→赤ワイン、トリュフ→マッシュルーム、バイヨンヌハム→ロースハムで庶民的なお料理となりました。いつか使うかも、と思い買っておいたフォアグラの缶詰が役に立ちました。お味はというと、レバーの味がする、というのはガチョウの肝臓だから当たり前なのですが、濃厚すぎてこれを美味しいと思えるかどうかは食文化が違いすぎてよくわからない、というのが正直なところ。鳩にフォアグラ、トリュフ、さらにハムまで、これでもかと詰め込んだ一品。
『365 JOURS DE CUISINE』6 Janvierー誤訳の恐れあり〼

♪カフェ 12:00~15:00
ランチは当日9時までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

[PR]
by mamemamecafe | 2016-01-04 15:35 | お知らせ