西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Annonce
at 2017-09-25 11:49
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
Croquettes d'o..
at 2017-07-23 05:52
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧

Rognon de veau à la nuitonne

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜8/31(木)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』13 févrierより翻訳
☆ニュイトン風子牛の腎臓(5人分)
脂付きの子牛の腎臓 3個
バター 50g
生クリーム 100g
小麦粉 大さじ1
Nuits-St-Georges 1本
人参 3本
玉ねぎ 中3個
ブーケガルニ 1本
塩、こしょう
①腎臓についた脂を取り除き、大さじ5杯分の脂を取っておく。
その脂で腎臓を焼く。こんがりと色よく焼けたら余分な脂を捨てる。
②別のフライパンで薄切りにした人参と玉ねぎをバターで炒める。
③弱火にして、腎臓をのせて、小麦粉をふりかけ、よく混ぜる。
④Nuits-St-Georges(赤ワイン)を注ぐ。ブーケガルニを加え、塩、こしょうして蓋をして30分煮る。
⑤腎臓を取り出し、保温しておく。ソースを濾して強火で半量に煮詰める。
⑥生クリームを加えて数分間煮て、味を調え、腎臓にかける。

*日本語で腎臓、腎臓と書くとグロテスクでな印象で、何も腎臓まで食べなくても、と後ろめたいような気がしてきますが、フランス語だともっと気楽な感じです。このワイン、日本で買うと5000円以上也。材料を大幅にコストダウンし、鶏肉と白ワインで作ってみましたら、さっぱりとしながらも生クリームのコクもあり、なかなかでした。

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-07-13 14:49 | レシピ

Crêpes vonnassiennes

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

☆講座のお知らせ☆
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)7/6(木)
・わらべうた(坂野知恵)7/5(水)
・七夕の会(haha no te) 7/7(金)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』13 févrierより翻訳
☆ヴォナ風クレープ(4人分)
ジャガイモ 大3個
牛乳 1カップ
卵 6個
生クリーム 100g
バター 60g
塩、白こしょう
①ジャガイモの皮をむき、洗ってゆでる。水分をとばして漉してピュレにする。
②温めた牛乳でのばし、ねっとりするまでよく混ぜ、粗熱を取る。
③小麦粉と卵を加える。
④生クリームを加え、好みで塩、こしょうし、なめらかなクリーム状になるまでよく混ぜる。
⑤クレープを焼くプレートにバターを溶かし、熱くなったらスプーン一杯分の生地を流し入れる。自然に丸く広がる。
⑥3分間焼き、裏返して1分半焼く。
⑦付け合わせにグリーンサラダを添えて出す。
ヴォナのシェフで、すばらしい料理の技を持つGerge Blancを讃えて。
b0273836_14393399.jpg
*クレープというよりパンケーキに近い。ほぼジャガイモなので柔らかく軽い口当たりで、朝食にもよさそうです。ヴォナは鷄肉で有名なブレスの近く。モンブランに行く途中で近くを通ったのかもしれない。胃腸炎でひどい目にあった旅行を思い出す。
[PR]
# by mamemamecafe | 2017-07-04 15:05 | レシピ

Croûte à l'oeuf

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

☆講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 6/29(木)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)7/6(木)
・わらべうた(坂野知恵)7/5(水)
・七夕の会(haha no te) 7/7(金)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
・手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』12 févrierより翻訳
☆卵トースト(4人分)
卵 4個
食パン 4枚
卵黄 1個
生クリーム 100g
レモン汁 1/2個
辛口の白ワイン 1杯
塩、こしょう
粉チーズ 50g
①食パンをきつね色にトーストする。
②マッシュルームは洗わずに石づきを取ってスライスする。
③卵黄、生クリーム、レモン汁、塩を混ぜる。
④一人用の小さいフライパンにパンを置き、白ワインを染みこませる。
⑤クリームをかけて、マッシュルームを散らし、220℃のオーブンで5分焼く。
⑥卵を1個ずつ割り入れ、粉チーズをかけて再び3分焼く。
⑦こしょうをひいて、すぐに召し上がれ。
卵の風味、マッシュルーム、白ワインの酸味とですばらしいハーモニーを奏でる一品。
*最後に卵を割り入れなかったので、見た目パッとしませんが、白ワインに最高に合います。マッシュルームは、キノコのクセがなく上品で、形もコロンと白く愛らしく、素直にサクサク切れて、秘かに大絶賛しながら想いを寄せる存在です。
b0273836_14184051.jpg

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-06-27 14:54 | レシピ

Coquillettes à la marocaine

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

☆講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 6/22,29(木)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)7/6(木)
・わらべうた(坂野知恵)7/5(水)
・七夕の会(haha no te) 7/7(金)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
・手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』12 févrierより翻訳
☆モロッコ風パスタ(8人分)
シェル型パスタ 500g
ニンジン 250g
ズッキーニ 200g
カブ 180g
トマトジュース 300g
赤ピーマン、緑ピーマン 各1個
ひよこ豆(缶詰め) 100g
コリントレーズン 100g
コニャック 1杯
チキンブイヨン 3ℓ
塩、カイエンヌペッパー
アリッサ(好みで)
オリーブオイル 大さじ5
オレガノ 2つまみ
①レーズンをコニャックに浸す。
②深鍋にブイヨンを入れて沸騰させ、賽の目切りにしたニンジン、カブ、ズッキーニを加える。種をとり、スライスしたピーマンも加える。
③20分ほどして野菜が煮えたら、網杓子ですくって取り出し、温めておく。
④同じスープでパスタをゆでて、湯切りし、大皿に盛り付ける。
⑤野菜をのせ、①のレーズンを散らす。
⑥ブイヨンを500ml取り、トマトジュースを加える。塩、カイエンヌペッパー、オレガノをふり、ハリッサを加える。⑤にかけてオリーブオイルを回しかける。
*アリッサとはチュニジアの唐辛子ベースの調味料で、一度買ったことがあるが使い切れなかった。よくよく自分の味覚に向き合ってみると、酸いも甘いも辛いも、刺激的なのは苦手なようだ。あっさりした水分のないミネストローネのような感じであるが、コニャックに浸けたレーズンがポイントだろうか。これもまたアルコールが強烈過ぎて、レーズンそのままでいいかもしれない。
b0273836_19535057.jpg

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-06-20 19:53 | レシピ

Crème caramel à l'orange

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

☆講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 6/15,22,29(木)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)6/20(火)・7/6(木)
・わらべうた(坂野知恵)6/7・7/5(水)
・七夕の会(haha no te) 7/7(金)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
・手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』11 févrierより翻訳
☆オレンジ風味のキャラメルプリン
キャラメル:砂糖 200g、オレンジ果汁 1個分
プリン:卵 4個、卵黄 2個、砂糖 150g、牛乳 800ml、コアントロー 1杯
①プリン生地を作る。オムレツを作るときのように卵をかき混ぜる。ごく弱火にかけて砂糖を加え、次に牛乳を少しずつ加える。卵が固まらないようにする。
②よく混ざったら、瓶に入れて2分ほど振る。コアントローを加えてさらに30秒ほど振る。
③砂糖とオレンジ果汁でキャラメルソースを作る。ラムカン(小さい器)の底5mmの高さまで注ぎ、①を注ぐ。
④50分間蒸す。
このオレンジ風味のデザートは器のままか、お皿に返していただく。

*プリンの最大の難関はキャラメルで、いつも「これでいいのか?」と思いながら、おそらくもう一歩焦がすべき手前でやめてしまい、トロトロになってしまう。焦げを食べるとガンになる、という声が頭の隅でチラついて、何であれ焦げには慎重なはずが、気づくとよく焦がしている。ともあれ、このオレンジ風味のキャラメルは美味しい!プリンは断然手作りに限る!と作った時は思うが、なかなか作らない。
このレシピ中、瓶に入れて振ると訳してみたが、果たして正しいのかどうか??
b0273836_13523604.jpg

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-06-13 14:11 | レシピ