西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
献立
お知らせ
まめ日記
ブログ
レシピ
まめカフェ案内
未分類
最新の記事
Omelettes cres..
at 2017-08-09 13:12
Pommes paille
at 2017-08-03 11:07
Gâteau de riz ..
at 2017-08-01 15:33
Croquettes d'o..
at 2017-07-23 05:52
Rognon de veau..
at 2017-07-13 14:49
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
外部リンク
ブログジャンル
日々の出来事
タグ
画像一覧

Charlotte marquise au chocolat

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
☆4月の講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 4/13, 20, 27, 5/11(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)4/14(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)4/19(水)
・アイシングクッキーワークショップ(tsukie ookie) 4/25(火)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』5 févrierより翻訳
☆シャルロットマルキーズショコラ(8人分)
ブラックチョコレート 200g
水 1/2カップ
バター 100g
卵 3個
粉糖 100g
柄杓形のビスケット 1箱
塩 ひとつまみ
バター(型用)
①チョコレートと水を鍋に入れて弱火で溶かす。
②バターをポマード状に練る。卵白と卵黄を分ける。
③バターに卵黄を1個ずつ加える。粉糖を加えて混ぜ、均一でなめらかな生地になるまで混ぜる。
④卵白に塩ひとつまみを入れて固く泡立てる。
⑤③に④を加え混ぜ、バターを塗ったシャルロット型に流し入れる。
⑥型から外した時に底になるようにビスケットを上に並べる。
⑦冷蔵庫で一晩おき、熱湯を入れたボールに型を浸けて、お皿の上に返して型から外す。

*ねっとりと濃厚なチョコレートクリームが口いっぱいに広がります。ここで使うビスケットは軽いものだと思いますが、普通のビスケットを最初から底に敷いて上から流し入れました。ちょうどよく湿ったビスケットがまた美味しい。モソモソして喉が乾くビスケットをこんなふうに活用するのが好きです。



[PR]
# by mamemamecafe | 2017-04-06 16:31 | レシピ

Quenelles de brochet

まめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
☆4月の講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 4/13, 20, 27, 5/11(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)4/14(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)4/19(水)
・アイシングクッキーワークショップ(tsukie ookie) 4/25(火)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』5 février よりー誤訳の恐れあり〼
☆カワカマスのクネル(5人分)
カワカマスの切り身 400g
クネル:小麦粉 175g, バター 175g, 牛乳 250ml, 卵 4個、塩、こしょう
Nantuaソース:バター 50g, 小麦粉 大さじ1、牛乳 500ml, 生クリーム 150g, ザリガニバター150g, コニャック 大さじ1、ナツメグ ひとつまみ、塩、こしょう
①カワカマスの切り身をすりつぶしてポマード状にして濾す。
②鍋に牛乳、バター、塩、こしょうを温め、小麦粉を加える。木べらで混ぜながら、鍋に生地がくっつかなくなるまで弱火で火を通す。
③火を消して、卵を1個ずつ加える。①を加えて味を調える。
④スプーンで生地をだんご状にして、沸騰した湯に塩を加えて8分ゆでる。オーブンを210℃に予熱する。
⑤ソースを作る。鍋にバターを溶かし、小麦粉を色づくまで炒め、混ぜながら牛乳を加える。数分したら生クリームとザリガニバター、コニャック、ナツメグ、塩、こしょうを加える。
⑥バターを塗ったグラタン皿にクネルを並べてソースをかける。210℃で20分焼く。この伝統的な一皿を堪能あれ。

*要はおでんだねで見かける魚肉ボールのようなものかと思い、たまたま生活クラブのカタログにあった魚肉入りのカボチャボールを使って作ってみましたら、悪くなかったのですが、この料理のポイントはザリガニバターだと思うのですが、もちろんないので普通のクリームグラタンの趣でした。ふぅっ。ちなみにNantuaはローヌアルプ地域。

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-03-27 15:03 | レシピ

Fondue bourguignonne

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

まめカフェマルシェにお越しくださった皆さま、ありがとうございました。
次回は7/14,15の予定です。お楽しみに!

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』4 févrierー誤訳の恐れあり〼
☆ブルゴーニュ風フォンデュ(6人分)
ランプ肉(牛の臀肉) 1.2kg
ピーナッツオイル 1ℓ
塩、こしょう
①肉を大きめの角切りにする。
②鍋にオイルを入れて温める。コンロにかけ、はじめは強火にしてから弱める。
③味が引き立つよう、肉に塩、こしょうする。
④フォンデュ用フォークに肉片を刺して、温めたオイルに沈める。
⑤フォンデュに使ったフォークは油を通して熱くなっているので、食べる時にはフォークを変えるのを忘れずに。
ブルゴーニュ風では伝統的にマヨネーズベースのソースとともにいただく。マスタードも用意する。

*肉と油ですが、意外にあっさり食べられるのではないかと予想します。揚げるのではなく油で温めて食べる牛肉とはどんなものでしょう。いつか、ごま油でやってみたい気もします。

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-03-19 11:36 | レシピ

New lagoon

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

3月10日(金)・11日(土)10時半〜15時(11日は16時)
第11回 まめカフェマルシェを開催します!
入学入園グッズなど春の雑貨やお菓子が満載です。ぜひお越しください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』4 févrierよりー誤訳の恐れあり〼
☆New lagoon
ラム酒、ブルーキュラソー、Batida de Coco 各同量
①シェーカーの半分まで砕いた氷を入れる。
②ラム酒、キュラソー、ココナッツリキュールを注ぎ、20秒間振る。
③グラスに大きな氷塊をいれ、砕いた氷が入らないように注ぐ。
このカクテルは2〜4人分でストローをさして出す。
他のレシピではレモン汁を入れるものもあるが、美しく深みのあるブルーキュラソーが変色するので入れない。

*バーに行って一人でカクテルなど飲んでみたいものです。2月のレシピですが、フランス人はこのカクテルを飲み、夏のバカンスに思いを馳せつつ暗く長い冬をやり過ごすのでしょう。今の私は蒸し暑い夏を思うだけでげんなりします。

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-03-05 07:57 | レシピ

Flammèche aux poireaux

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』3 fevrierよりー誤訳の恐れあり〼
☆ポロ葱のタルト(6人分)
パートブリゼ 200g
ポロ葱 800g
卵 3個
生クリーム150ml
グリュイエールチーズ 70g
牛乳 200ml
小麦粉 小さじ1
塩、胡椒、ナツメグ
①粉をはたいたタルト型にパートブリゼを敷き込む。底にフォークでピケしてアルミ箔で覆い、240度のオーブンで5〜7分空焼きする。
②ポロ葱の緑色の部分を2/3ほど落として、皮をむき、薄切りにする。
ぬるま湯で洗って水気を切る。クルミ大のバターで弱火で炒める。塩、こしょうし、水気を切る。
③タルト型に⑤をのせ、チーズをふりかける。
④牛乳、生クリーム、卵、粉、塩、こしょう、ナツメグをよく混ぜて漉す。
⑤タルトに流しいれ、210度のオーブンで約20分焼く。

*Flamicheとはベルギー及び北フランス地方の伝統的なタルトのこと。長ネギで作りましたが美味しくできました。フランスで、長ネギの代わりにポロ葱を薬味に使ったことがありますがやっぱり合いません。慣れ親しんだ味覚、食文化ということで思い出すのはこんにゃく。外国人にとってこんにゃくの存在は摩訶不思議なのではないでしょうか。

[PR]
# by mamemamecafe | 2017-02-24 15:30 | レシピ