人気ブログランキング |

西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

立て札 

心やさしくありたいまめカフェです。
どなたでもおいでください。
ランチとお菓子がございます。
お茶も沸かしてございます。

☆講座のお知らせ☆
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 5/23,30,6/6,13(木)2,600円
・ココロとカラダのHappy時間 5/28(火)2,000円
b0273836_21540430.jpeg
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)5/29(木) 1,000円
ちえさんのわらべうた 6/18(火)1,000円

いずれも午前中の開催です。ランチ代は別途かかります。
詳細はカレンダーをご覧ください。

まめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

# by mamemamecafe | 2019-05-22 21:56 | お知らせ

アーティチョーク

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』18 février のレシピを翻訳&試作
☆ブルーチーズとアーティチョークのキッシュ(6人分)
タルト生地 200g
オーベルニュ地方のブルーチーズ 180g
卵 3個
生クリーム 200ml
小麦粉 大さじ1
牛乳 200ml
アーティチョークの芯 4個
①粉をはたいたタルト型にのばしたタルト生地を敷く。フォークで底にピケし、アルミホイルで覆い、180℃のオーブンで8~10分空焼きする。
②ブルーチーズ、卵、生クリーム、粉、牛乳を混ぜてなめらかにする。
③型にアーティチョークを一口大に切って並べ、②を流し入れる。
④240℃のオーブンで25分間焼く。
*アーティチョークを初めて食べた時は、美味しいのか判断つきかねるが、嫌いではないと思った。何とも例えようのない味である。食感は筍の穂先に似ている。今回はカルディで缶詰を買って試作。かなりのクセもののブルーチーズといい、大人向けレシピである。チーズは控えめにすべし、だがこれも嫌いではないと思った。

# by mamemamecafe | 2019-05-22 14:24 | レシピ

鯉、再び

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』18 février のレシピを翻訳&試作
☆鯉の甘酢炒め(8人分)
鯉 約2キロ
ピーマン(赤・緑) 各1個
人参 2本
セロリ 4本
小玉ねぎ 100g
エシャロット 2本
にんにく 4片
ブロッコリー 2個
ポロ葱 1本
オリーブオイル 150cc
ニョクマム、しょうゆ、リンゴ酢 各100cc
はちみつ 大さじ2
シブレット 1本
塩、こしょう、ジンジャーパウダー
①下処理した鯉の中骨を取り、頭と尾を切る。約3cmの輪切りにする。
②野菜を洗う。野菜によっては皮をむき、太めの千切り、あるいは薄切りにする。
③中華鍋にオリーブオイルの半量を入れて火にかける。ピーマン、人参、セロリ、エシャロット、にんにく、玉ねぎ、ポロ葱を加えて10分ほど炒める。その間にブロッコリーを塩茹でし、加える。
④鯉の切り身を加え、さらに3分炒める。
⑤ニョクマム以下の材料と残りのオリーブオイルを混ぜたソースを加えて、さらに2分炒める。塩で味を調える。
ヨーロッパ人の舌を魅了する一皿となるだろう。
*これは2/18のレシピで、2/16にも鯉料理が出てくる。この本の編集した人はよほどの鯉好きらしいが、1日おきに鯉を食べたい人はそういないと思う。味は中華の甘酢炒めだが、ニョクマムを使うところがベトナムとの関係を思わせる。鯉ではなく、片栗粉をつけたタラを焼いて1/4量で作ったが、相当な量である。この4倍量が入る中華鍋などあるのだろうか。いろいろと突っ込みどころ満載のレシピであった。
b0273836_16094492.jpeg

# by mamemamecafe | 2019-05-13 16:10 | レシピ

プルーンに関する考察

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』17 février のレシピを翻訳&試作
☆プルーンとフロマージュブランのタルト(4人分)
タルト生地 50g
卵 3個
種ぬきプルーン 150g
フロマージュブラン 大さじ3
生クリーム 大さじ1
バニラエッセンス 少々
粉糖 90g
①タルト生地をのばして、粉をはたいたタルト型に敷く。フォークでピケしてアルミホイルで覆う。180度のオーブンで8~10分焼く。
②フードプロセッサーに残りの材料を入れて攪拌する。フードプロセッサーがなければ、プルーン以外の材料をよく混ぜ、薄切りにしたプルーンを加える。
③タルト型に流し入れ、210度で20分ほど焼く。

*プルーンにはどこか惹かれるものがある。一時期、プルーンエキスが体にいいと聞いてはまった時期があったが、果物界の女カリスマ的存在ではなかろうか。プルーンが一番好きという人は少なそうだが、みんなが一目置くような。生でも干しても控えめな存在感を放っている。ドライとは言ってもべたっと濃厚なので、単独では少しで十分だが、このレシピのように刻んで混ぜてしまえばくどさが薄まるようだ。東鳩のオールレーズンを思わせる味で、懐かしくも新鮮な一面を発見したのだった。
b0273836_12051041.jpeg

# by mamemamecafe | 2019-04-22 12:07 | まめ日記

じゃがいも

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』17 février のレシピを翻訳&試作
☆ベーコンじゃがいも(6人分)
じゃがいも 1.8kg
ベーコンスライス 18枚
玉ねぎ 大6個
ガチョウ脂(またはラード) 120g
①じゃがいもの皮をむいて洗い、やや厚めの輪切りにする。
②両手鍋の底にガチョウ脂をうすく敷き、ベーコン6枚、じゃがいも、玉ねぎ、ガチョウ脂の順に重ねていく。各層にたっぷりと胡椒をふるが、ベーコンに塩気があるので塩は慎重に。
③蓋をしてごく弱火で1時間、火を通す。
酢をきかせたグリーンサラダとともに召し上がれ。

*フランス版の肉じゃがといったところ。間違いない組み合わせ。我が家の味にうるさい高校生男子のお弁当にじゃがいもは本当に重宝する。ほぼ毎日、たんぱく質(冷食多用)、卵、じゃがいも、ミニトマトを入れる。もし万が一、クラス全員のお弁当を並べて、カフェやってるかあちゃんが作ったお弁当を当てろ、ということになったら、絶対に当てられないだろう。息子曰く、私の料理はC級だそうだ、A級でもB級でもなく、カフェのC。正確にはCに類似したC'だと思う。
b0273836_15304595.jpeg

# by mamemamecafe | 2019-04-15 15:30 | レシピ