人気ブログランキング |

西国分寺の小さなカフェ
by mamemamecafe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:レシピ( 84 )

アーティチョーク

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』18 février のレシピを翻訳&試作
☆ブルーチーズとアーティチョークのキッシュ(6人分)
タルト生地 200g
オーベルニュ地方のブルーチーズ 180g
卵 3個
生クリーム 200ml
小麦粉 大さじ1
牛乳 200ml
アーティチョークの芯 4個
①粉をはたいたタルト型にのばしたタルト生地を敷く。フォークで底にピケし、アルミホイルで覆い、180℃のオーブンで8~10分空焼きする。
②ブルーチーズ、卵、生クリーム、粉、牛乳を混ぜてなめらかにする。
③型にアーティチョークを一口大に切って並べ、②を流し入れる。
④240℃のオーブンで25分間焼く。
*アーティチョークを初めて食べた時は、美味しいのか判断つきかねるが、嫌いではないと思った。何とも例えようのない味である。食感は筍の穂先に似ている。今回はカルディで缶詰を買って試作。かなりのクセもののブルーチーズといい、大人向けレシピである。チーズは控えめにすべし、だがこれも嫌いではないと思った。

by mamemamecafe | 2019-05-22 14:24 | レシピ

鯉、再び

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』18 février のレシピを翻訳&試作
☆鯉の甘酢炒め(8人分)
鯉 約2キロ
ピーマン(赤・緑) 各1個
人参 2本
セロリ 4本
小玉ねぎ 100g
エシャロット 2本
にんにく 4片
ブロッコリー 2個
ポロ葱 1本
オリーブオイル 150cc
ニョクマム、しょうゆ、リンゴ酢 各100cc
はちみつ 大さじ2
シブレット 1本
塩、こしょう、ジンジャーパウダー
①下処理した鯉の中骨を取り、頭と尾を切る。約3cmの輪切りにする。
②野菜を洗う。野菜によっては皮をむき、太めの千切り、あるいは薄切りにする。
③中華鍋にオリーブオイルの半量を入れて火にかける。ピーマン、人参、セロリ、エシャロット、にんにく、玉ねぎ、ポロ葱を加えて10分ほど炒める。その間にブロッコリーを塩茹でし、加える。
④鯉の切り身を加え、さらに3分炒める。
⑤ニョクマム以下の材料と残りのオリーブオイルを混ぜたソースを加えて、さらに2分炒める。塩で味を調える。
ヨーロッパ人の舌を魅了する一皿となるだろう。
*これは2/18のレシピで、2/16にも鯉料理が出てくる。この本の編集した人はよほどの鯉好きらしいが、1日おきに鯉を食べたい人はそういないと思う。味は中華の甘酢炒めだが、ニョクマムを使うところがベトナムとの関係を思わせる。鯉ではなく、片栗粉をつけたタラを焼いて1/4量で作ったが、相当な量である。この4倍量が入る中華鍋などあるのだろうか。いろいろと突っ込みどころ満載のレシピであった。
b0273836_16094492.jpeg

by mamemamecafe | 2019-05-13 16:10 | レシピ

じゃがいも

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』17 février のレシピを翻訳&試作
☆ベーコンじゃがいも(6人分)
じゃがいも 1.8kg
ベーコンスライス 18枚
玉ねぎ 大6個
ガチョウ脂(またはラード) 120g
①じゃがいもの皮をむいて洗い、やや厚めの輪切りにする。
②両手鍋の底にガチョウ脂をうすく敷き、ベーコン6枚、じゃがいも、玉ねぎ、ガチョウ脂の順に重ねていく。各層にたっぷりと胡椒をふるが、ベーコンに塩気があるので塩は慎重に。
③蓋をしてごく弱火で1時間、火を通す。
酢をきかせたグリーンサラダとともに召し上がれ。

*フランス版の肉じゃがといったところ。間違いない組み合わせ。我が家の味にうるさい高校生男子のお弁当にじゃがいもは本当に重宝する。ほぼ毎日、たんぱく質(冷食多用)、卵、じゃがいも、ミニトマトを入れる。もし万が一、クラス全員のお弁当を並べて、カフェやってるかあちゃんが作ったお弁当を当てろ、ということになったら、絶対に当てられないだろう。息子曰く、私の料理はC級だそうだ、A級でもB級でもなく、カフェのC。正確にはCに類似したC'だと思う。
b0273836_15304595.jpeg

by mamemamecafe | 2019-04-15 15:30 | レシピ

おがくずポテト

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況をご確認いただけます。(⭕️空き、❌予約済み、△お問い合わせください)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

365 JOURS DE CUISINE』16 février のレシピを翻訳&試作
⭐︎おがくずポテト(4人分)
じゃがいも(身が硬く、古いものがよい)1キロ、塩、揚げ油
①じゃがいもの皮をむき、ピーラーでリボン状に削る。
②水で洗い、切れないように慎重に水気を切る。
③高温に熱した揚げ油にじゃがいもを入れ、3分間揚げる。
④穴杓子ですくい、神の上で油を切る。
フリットとチップスの中間の形。塩、スパイス、ハーブを散らしてアペリティフに。またロースト、ジビエ、七面鳥のつけあわせにもよい。

ということで、「揚げ物はしない、調理道具を増やさない」というポリシーをあっけなく覆し、ピーラーを買い、揚げてみた。小鍋に一気にじゃがいもを入れすぎたせいで、油が吹きこぼれてあわや大惨事になるところであった。これだから素人は。急激に温度が下がったために出来上がりはべちゃっとして台無しに。油まみれのガスレンジと火事の恐怖で、やはり揚げ物はすまいと改めて誓う私をよそ目に、家族は「うまい、うまい」とムシャムシャと完食。
b0273836_15252724.jpeg


by mamemamecafe | 2019-04-01 15:25 | レシピ

Omelettes cresson, tomates et thon

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜9/4(月)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』15 févrierより翻訳
☆クレソン、トマト、ツナのオムレツ(6人分)
オムレツ1個につき、卵4個、バター 15g、塩、こしょう
クレソン 1束
生クリーム 50g
トマト 3個
オリーブオイル 大さじ2
ツナ缶 1缶
塩、こしょう、カイエンヌペッパー
①クレソンの軸を取り、大きめの鍋に水大さじ1と塩ひとつまみとともに入れて火にかける。少しずつ水分が出て鮮やかな緑色にになったら、水分を搾るように押し付けて水気を切る。
②生クリームと一緒にミキサーにかけてすりつぶす。必要ならば塩、こしょうをして冷めないようにしておく。
③2つフライパンを用意し、一つでは皮をむいて種を取り、角切りにしたトマト、一つではツナをそれぞれオリーブオイルでさっと炒める。
④オムレツを3個作る。
⑤それぞれにクレソン、トマト、ツナを挟んで、グリーンサラダとスライスレモンを添える。
*暑くて怠くて、オムレツすら作る気力が湧かないので、この際、クレソンは省略し、トマトとツナは一緒に炒めてしまい、オムレツは1個にしてしまった。こんな時は何をやってもうまくいかないもので、オムレツはスクランブルになってしまったが、チーズを入れたのが幸いし、夏休みで毎日何だか気の入らないお昼ご飯を食べさせられる子どもには好評であった。

by mamemamecafe | 2017-08-09 13:12 | レシピ

Pommes paille

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜9/4(月)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』15 févrierより翻訳
☆ポテトストロー(6人分)
ジャガイモ 1kg
揚げ油
塩、こしょう
①じゃがいもの皮をむき、同じ長さに千切りにする。
よく切れる包丁で千切りにすることもできるが、大変なので、必要な大きさに簡単に切ることができる道具がある。人参やセロリに電動器具を日々使うことは勧められないが、じゃがいもにはよしとする。
②切ったじゃがいもを洗い、ふきんで水気を取る。
③揚げ油を熱し、ひとつかみずつじゃがいもを入れる。入れすぎないよう、300〜400gずつにする。
④2分ほどこんがりと色づくまで揚げる。穴杓子ですくって紙の上で油を切る。
⑤火を強めて油の温度を上げ、再度じゃがいもを入れて1分揚げて、油を切る。
⑥塩、こしょうし、熱々をいただく。
おつまみや赤身肉、鶏肉、卵料理の付け合わせとしてもおなじみだ。

*じゃがいもにはスライサーを使うお許しが出るほど、じゃがいも料理は食卓に欠かせないもののようだ。揚げ物が苦手な私は、世の中の人が普段から抵抗なく揚げ物をすることに心底尊敬を覚える。フリットもできない私はフランス人と結婚していいたら離婚されたかもしれない。だが、今は便利な世の中で冷凍もあるから何とかなるか。

by mamemamecafe | 2017-08-03 11:07 | レシピ

Gâteau de riz malgache

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜9/4(月)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』14 févrierより翻訳
☆マダガスカル風お米のケーキ(8〜10人分)
牛乳 1ℓ
米 200g
砂糖 150g
卵 5個
バター 70g
塩(必要に応じて)
チャツネ 1瓶
ゼラチン 3枚
スライスアーモンド ひとつかみ
①米を洗って牛乳に浸してから弱火で煮る。
②牛乳を少量とってゼラチンを溶かし、①の鍋に戻す。
③バター、砂糖、溶き卵を加える。次にチャツネを加え、味見して必要なら塩を加える。
④火を消して時々混ぜながら冷ます。
⑤型に入れて固める。
⑥翌日、そのままか、あるいはキャラメルをかけたり、スライスアーモンドをふりかけていただく。
*昔の私だったらチャレンジしていたかもしれないが、自分一人で食べることになるのは想像に難くなく、そもそもお米をデザートにすることに抵抗を感じる時点でだいぶ守りに入ってしまったことを自覚しつつ、今回も試作はなし。

by mamemamecafe | 2017-08-01 15:33 | レシピ

Croquettes d'oeufs

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜9/4(月)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』14 févrierより翻訳
☆卵のコロッケ(8人分)
卵 8個
牛乳 1/2ℓ
バター 100g
小麦粉 80g
塩、こしょう
パセリ 1束
ベアルネーズソース 1カップ
トマトピューレ 大さじ2杯
カイエンヌペッパー 一つまみ
揚油
①卵8個のうち3個を固ゆでにする。
残りの5個を牛乳の中に割り入れ、よく混ぜ、鍋に入れて火にかける。沸騰したらごく弱火にして20分間煮る。
②ボウルにバターと小麦粉を入れてこねる。熱い①を少しずつ加えてヘラでしっかり混ぜて鍋に戻し、さらに5分煮る。
③ゆで卵をつぶして加え、粗熱を取る。
④だんご状に丸めて、熱した揚油で揚げる。
⑤パセリを揚げて飾り、choronソース(トマトとカイエンヌペッパー少々を効かせたベアルネーズソース)をかける。
この卵コロッケは昔ながらのレシピで、栄養があり、経済的でしかもおいしい。

*ベアルネーズソースは、卵黄・バター・エシャロットなどで作るソース。卵に卵のソースをかけるって、と思いましたが、ゆで卵をマヨネーズで和えるのも卵✖︎卵。私にとっての最大のハードルは揚げ物。大量の卵、ソースの難しさ、揚げ物、そしてこの暑さで躊躇しつつ気になるレシピでしたが、試作は潔くあきらめました。

by mamemamecafe | 2017-07-23 05:52 | レシピ

Rognon de veau à la nuitonne

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。
*7/16(日)〜8/31(木)夏休みとさせていただきます。

☆講座のお知らせ☆
・わらべうた(坂野知恵)9/6(水)
・月の会(haha no te) 9/7(木)
・ベビーサイン体験講座(大西友子)9/8(金)
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)9/19(火)
・リトミック&ベビーマッサージ(haha no te) 9/28(木)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』13 févrierより翻訳
☆ニュイトン風子牛の腎臓(5人分)
脂付きの子牛の腎臓 3個
バター 50g
生クリーム 100g
小麦粉 大さじ1
Nuits-St-Georges 1本
人参 3本
玉ねぎ 中3個
ブーケガルニ 1本
塩、こしょう
①腎臓についた脂を取り除き、大さじ5杯分の脂を取っておく。
その脂で腎臓を焼く。こんがりと色よく焼けたら余分な脂を捨てる。
②別のフライパンで薄切りにした人参と玉ねぎをバターで炒める。
③弱火にして、腎臓をのせて、小麦粉をふりかけ、よく混ぜる。
④Nuits-St-Georges(赤ワイン)を注ぐ。ブーケガルニを加え、塩、こしょうして蓋をして30分煮る。
⑤腎臓を取り出し、保温しておく。ソースを濾して強火で半量に煮詰める。
⑥生クリームを加えて数分間煮て、味を調え、腎臓にかける。

*日本語で腎臓、腎臓と書くとグロテスクでな印象で、何も腎臓まで食べなくても、と後ろめたいような気がしてきますが、フランス語だともっと気楽な感じです。このワイン、日本で買うと5000円以上也。材料を大幅にコストダウンし、鶏肉と白ワインで作ってみましたら、さっぱりとしながらも生クリームのコクもあり、なかなかでした。

by mamemamecafe | 2017-07-13 14:49 | レシピ

Crêpes vonnassiennes

今月のまめカフェの予定はこちらからご覧ください。✳️
カフェをクリックすると予約状況を確認できます。

☆講座のお知らせ☆
・あみものワークショップ(ひつじ工房HANKO)7/6(木)
・わらべうた(坂野知恵)7/5(水)
・七夕の会(haha no te) 7/7(金)
いずれも午前中の開催です。詳細はカレンダーをご覧ください。
手作りマルシェ 7/14(金)・15(土)

♪カフェ 火〜金(祝日除く)12:00~15:00
ランチは前日までにご予約をお願いします。お一人さまからお気軽にどうぞ。
野菜中心のセットメニューです。
(おかず3品、お米パン、スープ、デザート ¥1000)
お子様のお食事のお持ち込みは自由です。
お待ちしております★

『365 JOURS DE CUISINE』13 févrierより翻訳
☆ヴォナ風クレープ(4人分)
ジャガイモ 大3個
牛乳 1カップ
卵 6個
生クリーム 100g
バター 60g
塩、白こしょう
①ジャガイモの皮をむき、洗ってゆでる。水分をとばして漉してピュレにする。
②温めた牛乳でのばし、ねっとりするまでよく混ぜ、粗熱を取る。
③小麦粉と卵を加える。
④生クリームを加え、好みで塩、こしょうし、なめらかなクリーム状になるまでよく混ぜる。
⑤クレープを焼くプレートにバターを溶かし、熱くなったらスプーン一杯分の生地を流し入れる。自然に丸く広がる。
⑥3分間焼き、裏返して1分半焼く。
⑦付け合わせにグリーンサラダを添えて出す。
ヴォナのシェフで、すばらしい料理の技を持つGerge Blancを讃えて。
b0273836_14393399.jpg
*クレープというよりパンケーキに近い。ほぼジャガイモなので柔らかく軽い口当たりで、朝食にもよさそうです。ヴォナは鷄肉で有名なブレスの近く。モンブランに行く途中で近くを通ったのかもしれない。胃腸炎でひどい目にあった旅行を思い出す。
by mamemamecafe | 2017-07-04 15:05 | レシピ